五月人形の処分どうしてる?おすすめの方法まとめ

五月人形の処分どうしてる?おすすめの方法まとめ 人形を供養・処分する方法

皆さんは五月人形の処分をどうしてるのでしょうか?どう手放せばいいのか困っているので、おすすめの処分方法を教えてほしいです。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の日本人形を処分してきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、五月人形の処分としておすすめの方法は以下のとおりです。

  • ①:寄付
  • ②:リサイクルショップ
  • ③:処分業者
  • ④:自分で処分する
  • ⑤:買取業者

五月人形は、男の子の健やかな成長を願って飾られる伝統的な人形。しかし、子供が大きくなったり引っ越しをしたりすると、処分の必要性が高くなりやすいです。

この記事では「五月人形の処分はどうしてる?」と題して、上記の方法についてまとめました。

五月人形を処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

五月人形の処分でおすすめの方法5選

五月人形の処分としておすすめの方法は以下のとおりです。

  • ①:寄付
  • ②:リサイクルショップ
  • ③:処分業者
  • ④:自分で処分する
  • ⑤:買取業者

いずれもメリット・デメリットがあります。

「これにしなければダメ」という思考は持たなくて大丈夫です。あなたにとって最適な処分方法を選んでください。

それでは上記5つの処分方法について解説します。

①:寄付

五月人形を無料で処分したいのであれば、寄付がおすすめです。

寄付先の候補はけっこう沢山あります。

  • 神社仏閣: 地元の神社仏閣に寄付できます。
  • 児童養護施設: 児童養護施設に寄付できます。
  • NPO法人: 五月人形を必要としている子供に届ける活動をしているNPO法人に寄付することができます。

ただし、寄付はこちら側の押し付けになってはいけません。

条件などを厳守し、クリーンな取引ができるように努めましょう。

②:リサイクルショップ

五月人形の処分方法として、もっともポピュラーなのが「リサイクルショップ」です。

リサイクルショップは全国各地にあるため、気軽に利用できます。また、リサイクルショップとは別に「ヤフオク!」などのネットオークションも候補に加えると、売却のバリエーションが増えます。

ただし、リサイクルショップは縁起物の買取を拒否しやすいです。また、正当な価格を提示してくれる確率が低いので、市場価格以上の査定をもとめるなら専門業者を利用しましょう。

 関連記事

五月人形の買取にハードオフは対応している?
五月人形の買取にハードオフは対応しているのかまとめました。ハードオフでの五月人形の買取は、店舗によって異なるようです。特に大型店舗やブックオフやオフハウスと併設されている店舗なら、買い取ってくれる可能性が可能性があります。

③:処分業者

五月人形の処分にコストがかかってもいいなら、処分業者の利用もおすすめです。

  • 一般廃棄物: 自治体の粗大ゴミとして処分することができます。
  • 産業廃棄物: 人形の種類によっては、産業廃棄物として処分する必要があります。

定番は「不用品回収業者」です。

五月人形のほかにも不用品を処分したいなら、処分業者を検討してみてください。

④:自分で処分する

五月人形は自分でも処分できます。

一般的な方法としては以下のとおりです。

  • 供養する: 人形供養を行っている寺院や神社に持ち込み、供養することができます。
  • 燃やす: 自治体の焼却施設で燃やすことができます。
  • 捨てる: 粗大ゴミとして捨てることができます。

五月人形を捨てたり売ったりすることに、罪悪感がある場合は「人形供養」を選びましょう。

その他に関しては自治体のルールにしたがって行動してください。

⑤:買取業者

五月人形の処分でもっともおすすめなのは「買取」です。

五月人形を熟知した専門業者を利用すれば、正当な価格で買い取ってくれます。なにより現金化できるのが最大の魅力といっていいでしょう。

ただし、五月人形は縁起物にあたるので買取を拒否する業者は多いです。

確実に売却したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

五月人形を買取拒否された場合の対処法
五月人形を買取拒否された場合の対処法についてまとめています。五月人形は縁起物にあたるので、引き取りしてくれる業者はごくわずかといっても過言ではありません。したがって、業者以外で売ることが重要になってきます。

五月人形を処分する際の注意点

五月人形を処分する際の注意点は以下のとおりです。

  • 処分する前に子供に相談する(子供が大切にしている可能性があるため)
  • 五月人形は高価なものなので、売るなら専門業者を利用する
  • 五月人形は壊れやすいので、処分する際は丁寧に扱う

場合によってはトラブルに発展する可能性もあるので、処分する際は十分に注意してください。

五月人形の処分どうしてる?Q&A

皆さんは五月人形の処分をどうしてるのか。

ここではそんな声をまとめて、Q&Aにしました。
情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:五月人形をごみとして捨てる場合の出し方は?

A:五月人形の多くは金属類を含むので、それらを分解して「可燃ごみ」と「不燃ごみ」に分別する必要があります。

また、サイズが大きかったりガラスケースがあったりする場合は、自治体のごみ出しルールに従い、粗大ごみとして出すのが一般的です。

Q2:五月人形の処分費用をおしえて

A:五月人形のおおまかな処分費用は以下のとおりです。

神社などに人形供養を依頼5,000~50,000円
葬儀ホールに人形供養を依頼1,000~10,000円
処分業者5,000~30,000円

上記はあくまで目安です。

実際の費用は、公式サイトなどで確認しましょう。

Q3:五月人形は役目を終えた後どうしてる?

A:役目を終えた五月人形は、人形供養されるケースがほとんどです。

しかし、貴重なものに関しては「買取」で現金化される人も少なくありません。

まとめ

五月人形の処分をどうしてるのか解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 五月人形の一般的な処分方法は「供養」
  • おすすめは「買取」だが、縁起物という理由で拒否される可能性あり
  • 売却を検討しているなら、五月人形の買取を専門とする業者を利用する

五月人形の処分方法はさまざまです。

それぞれの方法のメリットとデメリットを比較検討して、自分に合った方法を選びましょう。


【あわせて読みたい】当ブログおすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました