雛人形の買取で持ち込みはおすすめできない理由

雛人形の買取で持ち込みはおすすめできない理由 人形の買取

雛人形の買取を検討しているのですが、できれば持ち込みがいいです。でも、雛人形は売りにくいという噂を聞きました。はたして本当でしょうか・・・?

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の雛人形を買取に出してきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、雛人形の持ち込み買取はおすすめできません。なぜなら、雛人形は縁起物なので買取してくれる業者がきわめて少ないからです。

ごく一般的な買取業者なら、まず引き取ってくれないと思います。

 この記事でわかること

  • 雛人形が買取されにくい理由
  • 雛人形の持ち込み買取をおすすめできない理由
  • 雛人形の買取が成立しやすい業者

雛人形を持ち込みで買取しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

雛人形が買取されにくい理由

雛人形は縁起物のなかでも有名な工芸品です。

女の子を成長を祈ると共に、厄から守るための”身代わり”という役割を担っています。

したがって、雛人形は原則としてひとりにつきひとつの存在。
お下がりや中古品を他の子に与えても意味がありません。

雛人形はお子様の厄を引き受けてくれるお守りです。「お子様の身代わりになって厄を引き受けてくれる」という文化ということもあって、リサイクルショップやオークションに出品されている雛人形は、ほとんど値段がつかず、あまり売れないというケース多いようです。

引用:雛人形は買取が可能?雛人形の譲渡、寄贈について

雛人形は新品で購入して飾るもの。
これに関しては多くの人がわかっていることです。

だからこそ、縁起物は中古販売しても売れません。
買取業者が雛人形を買い取らない理由はこれです。

雛人形は日本人形のなかでも、特に売りにくい人形だとインプットしましょう。

雛人形の持ち込み買取をおすすめできない理由

雛人形の持ち込み買取をおすすめできない理由は、先述したとおりです。

雛人形は縁起物。一定以上の価値を持つもの以外は買取を拒否されやすいので、持ち込みにすると無駄足になる可能性が高くなります。

雛人形のサイズが手ごろで、買取店舗が近所であるなら持ち込みのリスクはわずかでしょう。

しかし、サイズが大きく店舗が遠方だったらどうでしょうか。

時間もお金もムダにする可能性があるので、持ち込みは雛人形の買取においておすすめできません。

雛人形の買取が成立しやすい業者

雛人形の買取が成立しやすい業者の条件は以下のとおりです。

  • 雛人形の買取を専門にしている
  • 雛人形を熟知したプロが在籍している
  • 日本人形の買取に対応している

正直なところ、雛人形の買取に対応している業者は多いです。

しかし、すべての雛人形を買い取ってくれるかというと話は別。雛人形を熟知したプロが在籍しているところほど、価値のない雛人形は買取を断られるはずです。

では、価値のない雛人形だった場合はどういった業者を選べばいいのか。

筆者の経験上、縁起物を高確率で買取してくれるのはCOYASHのみ。雛人形や五月人形、こけしなどの縁起物の買取に対応しているので、取引が成立する確率が高いです。

価値のある雛人形であれば、骨董品の買取につよい業者を利用すれば問題ありません。

もし、そうでない雛人形の買取を検討しているなら、ぜひCOYASHを検討してみてください。以下の記事でくわしく解説しています。

日本人形の買取は「COYASH」がおすすめ | 雛人形や五月人形を買い取ってもらえない場合にも最適な専門業者です。
日本人形を買取してもらえるところについて紹介しています。雛人形や五月人形などの縁起物は、どこの業者からも買い取ってもらえないケースが多いです。そんなときの頼みの綱が「COYASH」になります。

雛人形の持ち込み買取に関するQ&A

雛人形の持ち込み買取に関するQ&Aについてまとめました。

情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:雛人形の処分はみんなどうしてる?

A:雛人形の処分方法は「買取」だけではありません。

以下の方法もあります。

  • ごみとして捨てる
  • 不用品回収に出す
  • 人形供養
  • 譲渡
  • リサイクルショップや質屋に売る

雛人形の処分に関しては、ネット上で「みんなどうしてる?」といった疑問があふれています。

なかでもよく選ばれる処分方法は「買取」と「人形供養」です。

 関連記事

雛人形のおすすめの処分方法は『人形供養』と『買取』の2種類
雛人形のおすすめの処分方法についてまとめています。主な方法としては「人形供養」と「買取」が挙げられますが、お焚き上げを希望するなら前者。スムーズな処分と現金化を希望する場合は後者がおすすめです。

Q2:使わなくなった雛人形はどうすべきですか?

A:使わなくなった雛人形の未来は、いくつか候補があります。

  • そのままインテリアとして飾る
  • 人形供養をする
  • 買取に出す
  • 雛人形を欲するところへ寄付する
  • 譲渡

誰かに譲ったり売ったりすることに罪悪感があるなら「人形供養」を。そうでないなら処分と現金化が一度にできる「買取」を基準に考えるといいでしょう。

Q3:セカンドストリートは雛人形を買取してくれますか?

A:セカンドストリートは、雛人形をはじめとする「節句商品」の買取に対応していません。

これに関しては以下の記事でくわしく解説しています。
興味がある方はチェックしてみてください。

セカンドストリートは雛人形を買取してくれるの?
セカンドストリートは雛人形を買取してくれるのか紹介しています。残念ながらセカンドストリートでは、雛人形をはじめとする日本人形の買取には対応していません。売却を希望する場合は、専門業者を利用しましょう。

まとめ

雛人形の買取で持ち込みはおすすめできない理由を解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 雛人形は縁起物なので買取されにくい
  • だからこそ持ち込み買取は無駄足になりやすい
  • 雛人形を買取してもらうならCOYASHがおすすめ

雛人形は持ち込みよりも、専用業者の出張買取を利用したほうが便利です。

査定は無料。キャンセルも自由なので、持ち込みよりも簡単かつスムーズな取引ができます。

【あわせて読みたい】当ブログおすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました