フランス人形の捨て方まとめ

フランス人形の捨て方まとめ 人形を供養・処分する方法

フランス人形を捨てようと思っていますが、どのようにすればいいのかわかりません。具体的な捨て方について詳しく教えてください。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山のこけしを処分してきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、フランス人形の捨て方は地方自治体のごみ出しルールに従えばOK。燃えるものと燃えないものを分解・分別して、指定のごみ袋にいれて回収日に出しましょう。

捨て方はいたって単純です。

ただし、フランス人形には価値が高いものもあります。そういった人形をごみとして捨てるのは非常にもったいないことなので、捨てる前にいちど買取業者の無料査定をうけた方がいいです。

この記事は、フランス人形の捨て方についてまとめました。

処分方法に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フランス人形の捨て方

フランス人形の一般的な捨て方は以下のとおりです。

  1. お住いのごみ出しルールを確認する(地方自治体)
  2. フランス人形の素材を分解する
  3. 燃えるものと燃えないものに分別する
  4. 指定のごみ袋にいれる
  5. ごみの回収日に出す

この手順に従えば、フランス人形を難なく捨てることができます。

もし、フランス人形をそのまま捨てるのに抵抗がある場合は、塩を振って清めたあとにタオルに包むと供養に似た簡易なお別れを実行できます。

すこしでも罪悪感がある場合は、簡易なお別れを試してみてください。

お清めの塩はAmazonで購入できます。

清め塩

ゴミ出しをする際は、感謝の気持ちを込めましょう。

フランス人形を捨てるのに罪悪感がある場合

フランス人形を捨てるのに罪悪感がある場合は、以下の処分方法を検討しましょう。

  • 供養(お焚き上げ)
  • 寄付
  • 買取

捨てることに対して罪悪感がある場合は「供養(お焚き上げ)」。フランス人形をこの先も誰かに大切にしてもらいたい場合は「寄付」がおすすめです。

そして、売却して現金化したい場合は「買取」を検討するといいと思います。

筆者が特におすすめする方法は「買取」。なぜなら現金化はもちろんのこと、フランス人形がコレクターに渡る確率が高いので大切に扱われるためです。

とはいえ、買取にいっても方法がいくつかあります。

具体的な買取方法については、以下の記事でくわしく解説しています。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ガラスケース入りフランス人形の買取でおすすめの方法まとめ
ガラスケース入りフランス人形の買取についてまとめました。おすすめの方法は「買取業者」と「リサイクルショップ」の2つがありますが、正確な査定と満足度をもとめるなら買取業者への依頼が最適です。

フランス人形の捨て方における注意点

フランス人形を捨て方における注意点は以下のとおりです。

  • ①:自治体のルールに従う
  • ②:寄付も選択肢にくわえる
  • ③:人形供養を選択肢にくわえる
  • ④:不用品が他にもある場合は「不用品回収」を検討する

フランス人形の捨て方自体は難しくありませんが、問題になるのはゴールだと思います。

どんな捨て方があなたに最適なのか、ごみとして捨てる前によく考えてみましょう。

ここでは上記の注意点について解説します。

①:自治体のルールに従う

フランス人形をごみとして処分する場合は、自治体のゴミ出しルールに従う必要があります。

一辺が30cm以下の小さなフランス人形またはビスクドールであれば、不燃ごみの日に集積所にそのまま出すことが可能なケースが多いです(※要確認)。

ただし、それ以上のサイズはお住いの地域にあるクリーンセンターへ持ち込んで処分するか、不用品回収業者に処分を依頼する必要があります​​。

先述したように分解して分別すれば、ごみとして出すことが可能です。しかし、多忙な人にとっては手間がかかる作業ですし、フランス人形を解体しなければなりません。

②:寄付を選択肢にくわえる

捨てるにはもったいない状態のフランス人形は、寄付することも選択肢のひとつです。

寄付は社会貢献活動に繋がるほか、フランス人形の再利用を実現できます。

ごみとして捨てることに罪悪感があり、フランス人形にこの先も未来を与えたいのであれば、寄付を受け付けている団体をリサーチして問い合わせてみましょう。

③:人形供養を選択肢にくわえる

フランス人形を捨てることに罪悪感があるなら、お寺や神社で人形供養をしてもらいましょう。

特に思い入れのあるフランス人形に関しては、供養こそがもっとも適切な処分方法といえます。

寄付や買取に関しても罪悪感があるなら、もはや選択肢はひとつです。

ただし、フランス人形の供養には費用がかかる場合があります。内容や費用に関しては神社仏閣や施設によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

 関連記事

フランス人形を供養する方法まとめ
フランス人形を供養する手順についてまとめました。フランス人形は一般的な人形と同様に供養することができます。方法はさまざまですが、神社にお願いするのが一般的です。ただし、価値のあるフランス人形は「買取」を検討したほうがいいかもしれません。

④:不用品が他にもある場合は「不用品回収業者」を検討する

思い入れのあるフランス人形だけでなく、処分したいものが大量にある場合は、不用品回収業者に依頼することも選択肢のひとつです。

不用品回収業者は、さまざまなものをまとめて回収してくれます。

コストはかかりますが、不用品を大量に処分したい場合には有効です。

フランス人形の捨て方に関するQ&A

フランス人形の捨て方に関するQ&Aについてまとめました。

問題の解決やヒントにご活用ください。

Q1:ガラスケース入りのフランス人形の処分はどうしたらいいですか?

A:ガラスケース入りフランス人形をごみとして捨てる場合は、ガラスケースと人形をそれぞれ分解・分別して回収してもらう必要があります。

買取業者に依頼すれば、ガラスケースごと買取してくれるケースもあるので検討してみてください。

Q2:ガラスケース入りフランス人形の買取はどこがおすすめですか?

A:ガラスケース入りフランス人形の買取に対応している専門業者はたくさんあります。

特にフランス人形の買取につよいのは、筆者の経験からいうと「福ちゃん」です。一定以上の価値をもつ人形なら、数万円以上で買取してくれる確率が高いかと。

詳しくは以下の記事で解説しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

フランス人形(ビスクドール)の買取は「福ちゃん」がおすすめ
フランス人形(ビスクドール)の買取は「福ちゃん」がおすすめな理由についてまとめています。福ちゃんはフランス人形(ビスクドール)の買取に力を注いでいるため、一定以上の価値をもつものなら高価買取が実現する可能性が高いです。

Q3:西洋人形の捨て方もフランス人形と同様ですか?

A:はい、基本的に同様です。

ごみとして捨てる場合は自治体のルールに従い、分別をして指定日にしかるべき方法で回収してもらってください。

まとめ

フランス人形の捨て方について解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • フランス人形は分解・分別をして然るべき方法でゴミ出しする
  • 捨てることに抵抗がある場合は別の方法を検討する
  • 価値のあるフランス人形は高価買取してもらえる

ごみとして捨てる前に、さまざまな方法を検討してみましょう。

特に価値がありそうなフランス人形を捨てる場合は注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました