ビスクドールとフランス人形の違い

ビスクドールとフランス人形の違い 人形の基礎知識

ビスクドールとフランス人形の違いがよくわかりません。両者は呼び方が違うだけで一緒の西洋人形になるのでしょうか?

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者は趣味で西洋人形を収集するほか、歴史を読み漁っているひとりです。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

結論からいうと、ビスクドールとフランス人形は似ているようで若干違う西洋人形です。よく混同される両者ですが、生まれた時期やターゲットがやや異なります。

そして、両者はコレクターたちから大人気の骨董品。
有名ブランドの作品になると、数百万円の値段がつきます。

 この記事でわかること

  • ビスクドールとフランス人形の特徴
  • 両者の買取相場
  • 両者の正しい処分の仕方

それぞれの違いと処分について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビスクドールとフランス人形の違い

ビスクドールとフランス人形の違いは主に以下です。

  • 生まれた時期
  • ターゲット(顧客)

その他に関しては酷似していている部分が多く、混同されるケースは珍しくありません。

では、ビスクドールとフランス人形の違いは何なのか。

ここでは両者の特徴をくわしく解説します。

ビスクドールの特徴

ビスクドールは19世紀にフランスやドイツで作られた陶器製の人形。

ターゲットは子どもがメインで、主にその遊び相手や観賞用の品として人気がありました。

特徴は瞳はガラス製で、化粧や髪型にも凝ったデザインが施されている点です。

フランス人形の特徴

フランス人形は14世紀に登場した、幼女の姿をした人形(幼女以外もある)。

ターゲットは富裕層がメイン。
最先端の服装を着せた人形が多いことで知られています。

特徴は木や土などで作られたボディに、ガラス製の眼と彩色された肌を持っている点です。

ビスクドールとフランス人形の買取相場

ビスクドールとフランス人形の買取相場は以下のとおりです。

ビスクドール数千~数万円
有名ブランドの貴重なものは数百万円
フランス人形30,000~80,000円前後
(価値のあるものは数十万円)

いずれも古くて貴重なものは、高価買取されやすいです。

しかし、現実は偽物が多く出回っているので、本物だと思って鑑定してもらっても値がつかないケースがあります。

いずれにしても、本物なら相応の価格がつくと思っていいでしょう。

 関連記事

ビスクドールの偽物にみられる特徴まとめ
ビスクドールの偽物にみられる特徴についてまとめました。ビスクドールはさまざまな種類がありますが、そのほとんどがレプリカだといわれています。本物か偽物かどうかを正確に判断するには、人形を熟知したプロの目が必要です。

ビスクドールとフランス人形の正しい処分の仕方

ビスクドールとフランス人形は、偽物があふれているものの本物が実在します。

したがって、むやみに捨てたり譲ったりするのは非常にもったいない行為です。

両者の一般的な処分方法としては、以下の2つがあげられます。

  • 人形供養
  • 買取

誰かに譲ったり売ったりする行為に罪悪感があるなら「人形供養」一択です。

しかし、そうでない場合は価値に見合った現金化ができる「買取」がおすすめ。

とはいえ、処分の仕方は人それぞれです。
具体的な処分方法については、以下の記事でくわしく解説しています。

興味がある方はチェックしてみてください。

ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべき?
ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべきかまとめています。判断の基準は処分にすこしでも抵抗があるなら「人形供養」を。処分に抵抗がなく、スムーズな処分と現金化をもとめるなら「買取」がおすすめです。

ビスクドールとフランス人形に関するQ&A

ビスクドールとフランス人形に関するQ&Aについてまとめました。

情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:ビスクドールと球体関節人形の違いは何ですか?

A:ビスクドールと球体関節人形の違いは、以下のとおりです。

ビスクドール陶器が素材
球体間接人形肘・膝などの関節が球体構造になっている

見分け方は特に難しくありません。

Q2:ビスクドールのアンティークドールについて教えてください

A:ビスクドールのアンティークドールは、19世紀に作られたものを指します。

それ以降に作られたビスクドールは、リプロダクトドール(人形作家によって作られたもの)です。

まとめ

ビスクドールとフランス人形の違いについて解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • ビスクドールとフランス人形の違いは「生まれた時期」と「ターゲット」
  • 古くて貴重なものほど値段が高くなる
  • 一般的な処分方法は「人形供養」と「買取」

西洋人形にはさまざまな種類があり、詳細が明らかになっていない人形もあります。

そういった歴史を個人的に紐解くのも、楽しみ方のひとつかと。

ビスクドールとフランス人形をもっと楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました