ジュモー人形の本物の値段はどれくらい?

ジュモー人形の本物の値段はどれくらい? 人形の買取

ジュモー人形の本物ってどれくらいの値段がするんでしょうか?買取を検討しているので、判断材料にしたいと思っています。ぜひ教えてください。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでにいくつかのフランス人形を取引してきました。また、アンティークドールなどの情報を日々インプットしています。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験と知識からいうと、ジュモー人形の本物の値段は20万円前後です。

もちろん、希少価値の高いものであればさらに高額になります。数百万円の値がつくジュモー人形は珍しくないので、高価買取は十分に期待できるといえるでしょう。

この記事では、そんなジュモー人形の本物の値段についてまとめました。

ジュモー人形の値段や売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジュモー人形とは

ジュモーは1840年代の初期に設立されたビスクドール工房。
そこでは数々のビスクドールが作られてきました。

ジュモー人形にみられる特徴は、美しい顔立ちとファッショナブルな衣装です。

その風貌は世界中のビスクドールコレクターを魅了し、熾烈な争奪戦を生み出します。

ビスクドールといえば、真っ先に「ジュモー」の名が挙がるほど人気です。

ジュモー人形の本物の値段

ジュモー人形は世界的に有名なビスクドールブランド。
その影響もあってか、偽物が多く出回っています。

偽物には大した値段はつきませんが、本物は1体20万円ほどの値がつくことが多いです。

事実、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に登場した、本物のビスクドールたちは1体20万~30万円の値段がつけられていました。

なんでも鑑定団

全部本物。一番高いのは一番小さいもの。歯が見えない「クローズド・マウス」という1886年ぐらいのもの。40万円。目がペーパーウェイト・アイといって高度な技術で今はなかなか作れない。上の段が1890年代のもので各30万円。一番右のものは本来、紐が2本ついていて片方を引くと「パパ」と、もう片方を引くと「ママ」と言う。「パパママ人形」とも呼ばれていた。下の段の4体は1900年代のもの。各20万円。

引用:開運!なんでも鑑定団

さらに別の放送分では、本物のジュモー人形(ロングフェイス)に400万円の価格がつけられています。

貴重なものほど高額になるので、ジュモー人形には希望と喜びがつまっていますね。

 関連記事

ビスクドールの最高額はどれくらい?
ビスクドールの最高額はどれくらいなのかまとめています。ビスクドールは全世界に熱狂的なコレクターがいることで知られる骨董品ですが、最高額はジュモーのロングフェイスで400万円です。ほかにも高額な人形はいくつか存在します。

ジュモー人形の本物の買取相場

ジュモーの買取相場は、数千から30万円です。

価格はドールの状態、アンティークかレプリカかによって変わってきますが、本物または人気作家のものは高値が付く傾向にあります。

なお、もっと値段が高くなるのは「ロングフェイス」です。

 ジュモー人形(本物)の買取相場

ロングフェイス400万円前後
ジュモー12号20万円前後
DEPOSE TETE JUMEAU25万円前後

ジュモー人形(本物)を処分する場合、供養はすべき?

人形は古くより魂が宿るといわれてきました。

現在も人形処分のひとつとして「供養」があげられます。

ジュモー人形の本物をどう処分するかはその人の自由ですが、供養は以下の点に注意が必要です。

  • お焚き上げがセットになると人形が消滅(燃やされる)する
  • 供養には料金がかかる
  • ジュモー人形をはじめとするフランス人形の供養を受け付けていないところがある

それに本物のジュモー人形はきわめて貴重な存在です。

筆者の意見としては、供養するにしても「魂抜き」だけを依頼し、その後は買取に出したほうがさまざまな部分でハッピーかなと思います。

供養と買取については、以下の記事でくわしく解説しています。興味がある方はチェックしてみてください。

ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべき?
ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべきかまとめています。判断の基準は処分にすこしでも抵抗があるなら「人形供養」を。処分に抵抗がなく、スムーズな処分と現金化をもとめるなら「買取」がおすすめです。

ジュモー人形の本物に関するQ&A

ジュモー人形の本物に関するQ&Aについてまとめました。

情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:ジュモー人形の見分け方を教えてください

A:ジュモー人形は偽物が多く出回っており、その完成度は本物に近いものもあります。

したがって、素人が真偽を判断するのはきわめて難しいです。
見分け方を知るよりも、確かな業者から鑑定してもらったほうが確実だと思います。

Q2:ビスクドールとフランス人形の違いは何ですか?

A:製造された年代と特徴に違いがあります。

詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ビスクドールとフランス人形の違い
ビスクドールとフランス人形の違いについてまとめています。ビスクドールは19世紀にフランスやドイツで作られた陶器製の人形です。一方のフランス人形は14世紀に登場した、富裕層向けの幼児姿をした人形になります。

まとめ

ジュモー人形の本物の値段について解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • ジュモー人形の本物の値段は1体20万円前後
  • 希少価値が高いものほど高額になる
  • ジュモー人形の処分は供養よりも買取がおすすめ

もし本物と思われるジュモー人形を売却したいなら、ビスクドールの買取を専門にする業者に査定してもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました