雛人形を売る場合の参考相場まとめ|買取(持ち込み)はいくらになる?

雛人形を売る場合の参考相場まとめ 人形の買取

雛人形を売るつもりなのですが、どれほどの相場なのか知りたいです。買取(持ち込み)での価格もお願いします。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の日本人形を買取に出してきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、雛人形は一定以上の価値を持つもの以外はほとんど売れません。理由は縁起物なので、中古需要がないからです。

古くて価値のある雛人形はそれなりに高く売ることができます。

しかし世の中にある雛人形の多くは、大量生産された需要が低いもの。したがって、ほとんどが値段がつかないのです。

とはいえ、日本人形の買取を専門にする業者を利用すれば、売ることも不可能ではありません。

この記事では、雛人形を売る場合の参考相場についてまとめました。

これから雛人形を売る予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

雛人形の買取が断られやすい・売れない理由

雛人形は、女の子の健やかな成長を願って飾られる大切なものです。しかし、いざ不要になった雛人形を処分しようとすると、買取を断られるケースが多くあります。

その理由は大きく分けると以下のとおりです。

  1. 需要と供給のバランス
  2. 雛人形の状態
  3. 査定基準
  4. 時期や地域による影響
  5. 縁起物という理由

雛人形が売れない理由はさまざまですが、もっとも大きな要因は「縁起物」だからです。

相場を知る前に、なぜ雛人形が買取されにくいのかをインプットしましょう。

ここでは上記5つの理由について解説します。

1. 需要と供給のバランス

雛人形は需要が供給を上回る「買い手市場」ではありません。

以下の要因によって、雛人形を売るのが難しい時代になっていると思われます。

  • 少子化: 近年は少子化の影響で、雛人形を購入する家庭が減少しています。
  • 中古市場の飽和: 近年はフリマアプリやオークションサイトなどの普及により、中古の雛人形が溢れています。

2. 雛人形の状態

雛人形は状態が劣悪だと、さらに売るのが難しくなります。

  • 劣化: 経年劣化による色褪せ、汚れ、破損などがあると、買取が断られる可能性が高くなります。
  • 付属品の不足: 雛人形は、衣装や道具など多くの付属品があります。付属品が不足していると、買取が断られる可能性が高くなります。
  • 大量生産された人形: 大量生産された人形は、価値が低く、買取が断られる可能性が高くなります。

3. 査定基準

雛人形が売れるかどうかは、買取業者などの査定基準も大きく影響しています。

以下は一般的な査定基準です。

  • 希少性: 希少価値の高い雛人形は、売れる可能性が高いです。
  • ブランド: 有名ブランドの雛人形は、売れる可能性が高いです。
  • 状態: 状態の良い雛人形は、引き取られる確率がやや高くなります。

4. 時期や地域による影響

雛人形の売却には、時期や地域も影響しています。

  • 時期: 3月や4月など、雛人形を飾る時期は売ることが難しくなります。
  • 地域: 雛人形の需要は地域によって異なります。

5. 縁起物という理由

雛人形はここ日本で”縁起物”として重宝されています。

しかし、その縁起物という点が買取を難しくしています。

リサイクルショップは基本的になんでも買取してくれるのが魅力。とはいえ雛人形や五月人形などの縁起物は、再販しても売れる可能性が低いため、買取しない店舗が多いです。

大切な娘さんやお孫さんに、中古の雛人形をプレゼント…
これはなんだか気が引けますし、気持ちがこもっているとはいいがたいですよね。

買取業者としても、縁起物は中古で販売しても売れないので買い取らない場合が多いのです。

雛人形を売る場合の参考相場|買取(持ち込み)の価格も

雛人形は縁起物なので、基本的には売ることが難しい日本人形です。

筆者はこれまでに沢山の雛人形を買取に出してきましたが、有名作家が手がけたもの以外はほぼ値段がつきませんでした。これは「持ち込み」でも「出張」でも「宅配」でも同様です。

しかし、以下の雛人形は高価買取を期待できます。

有名作家や人形師の作品50,000~100,000円ほど
人気工房の作品~30,000円
アニメや漫画とのコラボ作品数千~数万円ほど

ご覧のように、需要があるものは雛人形であっても売ることが可能です。

ただし、具体的にいくらになるかは本査定をするまでわかりません。上記はあくまで買取相場だと捉えてください。

雛人形を売るためのポイント

売りにくい雛人形を、なんとかして売るポイントは以下のとおりです。

  • 状態を良好に保つ: 雛人形は、箱に入れて大切に保管しましょう。
  • 付属品を揃える: 付属品が揃っているとプラス査定になりやすいです。
  • 時期を考慮する: 雛人形は需要が高い時期をえらんで売却しましょう。

上記に加えて、雛人形を熟知した買取業者を選ぶことも重要です。

筆者の経験上、売れにくい日本人形を売ることができる業者はほんの一握りといった印象。他社で断られ続けた雛人形は、専門業者を頼ることをおすすめします。

詳細は以下の記事で解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

雛人形が売れない場合の対処法
雛人形が売れない場合の対処法についてまとめました。雛人形は一般的に縁起物にあたるので、買取をしてくれる業者は稀です。しかし、日本人形の買取を専門にする業者や別の方法を利用すれば、売れる可能性があります。

まとめ

雛人形を売る場合の参考相場について解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 雛人形は縁起物なので売ることが難しい
  • どうにかして売る場合は専門業者を利用すべし
  • 売る時期にも注意して買取を依頼する

雛人形は縁起物なので、買取を依頼しても値段がつかない可能性があります。

なんとかして売りたい場合は、雛人形の買取を専門にしている業者を選びましょう。

雛人形が売れない場合の対処法
雛人形が売れない場合の対処法についてまとめました。雛人形は一般的に縁起物にあたるので、買取をしてくれる業者は稀です。しかし、日本人形の買取を専門にする業者や別の方法を利用すれば、売れる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました