雛人形の処分、みんなどうしてる?

雛人形の処分、みんなどうしてる? 人形を供養・処分する方法

雛人形の処分はみんなどうしてるんでしょうか?具体的な方法を知りたいので、初心者にもわかりやすく教えてください。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の雛人形を処分・買取に携わってきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、雛人形の処分として選ばれる方法は以下の2つです。

  • ①:人形供養
  • ②:買取

人形を捨てたり売ることに対して抵抗があるなら「人形供養」を。特に抵抗がなく、売却を検討している場合は「買取」がおすすめです。

ほかにもこんなメリットがあります。

 この記事でわかること

  • 雛人形の処分をみんなどうしてるのかがわかる
  • 人形供養と買取の特徴
  • あなたにとって最適なゴール

それでは掘り下げて解説していきます。

雛人形の処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

雛人形の処分はみんなどうしてる?

雛人形の処分はみんなどうしてるのか気になるものです。

SNSで検索をかけてみると、処分に困っている人がわんさかいることがわかります。

誰もがまず最初に思いつくのが「粗大ごみ」としての廃棄。

しかし、ごみとして処分するには燃えるパーツと燃えないパーツに分別しなければなりません。

小分けにしてごみ出しするのはひとつの手です。

それでも縁起物である雛人形をごみ出しすることに罪悪感を抱く人も。

このように雛人形の処分は世間一般の悩みです。

では、みんなどうしてるのでしょうか。

雛人形の処分は「人形供養」と「買取」を選ぶ人が多い

筆者はこれまでに沢山の雛人形の処分や買取に携わってきました。

その経験からいうと、雛人形の処分として選ばれるのは「人形供養」と「買取」の2つです。

両者の判断基準は以下を参考にするといいでしょう。

処分方法判断基準
人形供養
  • 雛人形を捨てることに抵抗がある人
  • 雛人形を売ることに抵抗がある人
  • 人形の魂抜きをしたい人
  • お焚き上げを希望する人
  • 感謝の気持ちを伝えてお別れしたい人
買取
  • スムーズな処分を希望する人
  • 現金化を希望する人
  • 雛人形を今後も大切にしてもらいたい人
  • 雛人形の他にも売りたいものがある人
  • 遺品整理をしたい人

おすすめの処分方法はどっち?

人形供養も買取もそれぞれメリット・デメリットがあります。

そして、あなたが最適だと思った処分方法こそ正解です。

これはあくまで筆者の意見ですが、雛人形を供養する必要がなく、価値が見込めそうなら「買取」を選んだほうがいいかもしれません。

ただし、一般的な雛人形に関しては値段がつきにくいです。

その理由はいたって単純で、ここ日本には縁起物を使いまわす文化がないから。したがって、日本人形を中古で販売しても売れない⇒業者は買取をしないケースが多いといえます。

しかし、COYASHなら買取してくれる可能性が高いです。

COYASH

筆者はこれまでに何度もCOYASHを利用していますが、需要が低い日本人形でもガラスケースごと買取してもらえました。

COYASHについては以下の記事でくわしく解説しています。
興味がある方はぜひチェックしてみてください。

日本人形の買取は「COYASH」がおすすめ | 雛人形や五月人形を買い取ってもらえない場合にも最適な専門業者です。
日本人形を買取してもらえるところについて紹介しています。雛人形や五月人形などの縁起物は、どこの業者からも買い取ってもらえないケースが多いです。そんなときの頼みの綱が「COYASH」になります。

雛人形の処分に関するよくある質問

雛人形の処分に関するよくある質問をまとめました。

情報収集や問題の解決にお役立てください。

Q1:雛人形のガラスケースは解体すべきですか?

A:人形供養を依頼する場合は、基本的にガラスケースは自己処分です。

買取に関しては、ガラスケースごと買取してくれるところとそうでないところがあります。

いずれにしても、ガラスケースの引き取りを拒否された場合は、解体するなどして適切な処分をしましょう。

 関連記事

ガラスケース入り雛人形の買取でおすすめの方法まとめ
ガラスケース入り雛人形の買取でおすすめの方法についてまとめました。方法は大きく分けて「買取業者」と「リサイクルショップ」の2つですが、スムーズな処分と高価買取を希望するなら専門業者への依頼をおすすめします。

Q2:雛人形の7段飾りはどう処分したらいいですか?

A:雛人形の7段飾りはサイズが大きいので、買取が不可だった場合は「粗大ごみ」として処分するほかありません。

地方自治体のごみ出しルールに従って処分するか、不用品回収業者へ依頼しましょう。

 関連記事

雛人形7段飾りの買取相場まとめ
雛人形7段飾りの買取相場についてまとめました。雛人形7段飾りの買取相場は数千~数万円ほどです。一定以上の価値を持つものは売れる可能性が高いですが、そうでないものは値段がつかない場合もあります。

まとめ

雛人形の処分はみんなどうしてるのか解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 雛人形の処分は「人形供養」と「買取」が一般的
  • 雛人形の処分に罪悪感があるかどうかを基準に検討する
  • 雛人形は縁起物なので一般的な業者は買取してくれない

雛人形を確実に引き取ってもらいたい場合や、他社から断られ続けて困っている場合は、雛人形の買取につよいCOYASHに依頼しましょう。

どの専門業者よりも買取してくれる確率が高いのでおすすめです。

日本人形の買取は「COYASH」がおすすめ | 雛人形や五月人形を買い取ってもらえない場合にも最適な専門業者です。
日本人形を買取してもらえるところについて紹介しています。雛人形や五月人形などの縁起物は、どこの業者からも買い取ってもらえないケースが多いです。そんなときの頼みの綱が「COYASH」になります。

【あわせて読みたい】雛人形の処分に関連した記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました