遺品整理は買取と処分どちらにすべき?

遺品整理は買取と処分どちらにすべき? 遺品整理

遺品整理をしているのですが、なんだか売れそうなものがいくつか出てきました。これらの遺品は買取に出すべきか、不用品として処分すべきかどちらにすべきでしょうか?

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の遺品整理に携わってきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、遺品整理で出てきた売れそうなものは「買取」をおすすめします。理由は現金化できるほか、処分も同時に実現するのでメリット尽くしだからです。

この記事では、そんな遺品整理は買取と処分どちらにすべきかまとめました。

遺品の手放し方に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理は買取を利用することでスムーズになる

遺品整理は肉体的にも精神的にも、非常に疲れる行為です。

だからこそ、遺品整理業者を利用して作業をスムーズにすることが重要になります。

そのカギを握るのが「買取」。遺品の一部を売却して処分することで、遺品整理業者にかかる費用を軽減できます。

遺品のなかには高価なものも隠れているものです。

遺品整理を専門とする買取業者を利用すれば、時間と労力が必要な遺品の処分をスムーズに終えられるほか、現金化することができます。

以下に買取のメリットとデメリットをまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

メリット

遺品整理で買取を利用するメリットは以下のとおりです。

  • 遺品の一部を売却することで、遺品整理業者の費用を軽減できる
  • 希少価値のあるものは高価買取を期待できる
  • 思い入れのある品物を誰かに大切に使ってもらえる

デメリット

遺品整理で買取を利用するデメリットは以下のとおりです。

  • 遺品整理を専門にする買取業者でないと、正当な査定が受けられない可能性がある
  • 業者選びに時間がかかる場合がある
  • 査定額が期待に沿わない可能性がある

遺品整理を処分だけで済ませるメリット・デメリット

遺品整理を処分だけで済ませる場合は、遺品の数が多いほど時間と労力が必要になります。

通常は遺品整理業者を依頼してすべての作業を任せますが、それなりの費用が必要です。

業者に頼らず自力で処分する場合は、自治体による粗大ごみ回収や、リサイクルショップの利用など、様々な方法を駆使しなければなりません。

また、場合によっては価値のある品物を誤って処分してしまう可能性や、思い出のある品物が原因で精神が不安定になってしまう場合があります。

遺品整理を処分で済ませるメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

遺品整理を処分で済ませるメリットは、費用が抑えられる程度です。

ただし、遺品整理業者を利用すれば費用はかかります。

デメリット

遺品整理を処分で済ませるデメリットは以下のとおりです。

  • 自力の場合は時間と労力がかかる
  • 価値のある品物を誤って処分してしまう可能性がある
  • 思い出のある品物を手放すのが辛くなる可能性がある

遺品整理は買取と処分のどちらを選ぶべき?

遺品整理は買取と処分どちらにすべきなのか。

その判断基準は以下を参考にしてみてください。

方法判断基準
買取
  • 遺品のなかに価値が高いと思われる品物がある
  • 費用を少しでも軽減したい
  • 思い入れのある品物を誰かに大切に使ってもらいたい
処分
  • 価値のある遺品が少ない
  • 時間と労力をかけずに整理したい
  • 費用を抑えたい

筆者は「買取」での遺品整理をおすすめします。

遺品整理業者を利用すると結構なコストが必要になりますが、買取も併用することで全体コストを抑えられるorプラスにすることが可能です。

遺品整理の買取につよい「バイセル」を利用すれば、希少価値の高いものは高価買取を期待できます。ぜひ以下の記事を参考に検討してみてください。

遺品整理の買取は「バイセル」がおすすめ|切手や絵画などの骨董品が数十万円以上になるかも
遺品整理の買取はバイセルがおすすめな理由についてまとめました。バイセルはさまざまなものを買い取ってくれる業者として知られていますが、遺品整理で活用することで遺品処分がスムーズになります。特に骨董品は高価買取を期待できるので、捨てるよりもメリットがあるといえるでしょう。

遺品整理をスムーズに進めるためのポイント

遺品整理をスムーズに進めるためのポイントは以下のとおりです。

  • 業者選びは慎重に行う
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 遺品整理の内容を明確にする
  • 思い出のある品物は慎重に判断する
  • 無理な部分は業者に頼む

遺品整理でもっとも重要なのは、無理をしないことです。

専門業者を有効活用して、スムーズかつストレスのない遺品整理を目指しましょう。

まとめ

遺品整理は買取と処分どちらを選ぶべきか解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • 遺品整理は「買取」がおすすめ
  • 遺品整理業者にかかるコストは買取で得た現金でカバーする
  • 無理をせず業者に頼る意識をもつ

遺品整理は思っているよりも遥かに大変な作業です。

肉体的にも精神的にも辛い場合が多いので、無理をせず業者を頼るようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました