遺品整理の買取はリサイクルショップを利用してもOK?

遺品整理の買取はリサイクルショップを利用してもOK? 遺品整理

遺品整理をしていたら買取してもらいたいものが出てきました。こんなときはリサイクルショップを利用してもいいのでしょうか?

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山の遺品整理や買取に携わってきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、遺品整理で出てきた物の買取は、リサイクルショップを利用すべきではありません。理由は「正当な鑑定を受けられる可能性が低い」からです。

遺品のなかには希少価値の高いものが含まれている可能性があります。そういった遺品は専門業者に依頼することで、市場価格以上で買取してもらうことが可能です。

 この記事でわかること

  • 遺品整理の買取にリサイクルショップをおすすめできない理由
  • 遺品整理の買取におすすめの業者
  • 買取を利用する際の注意点

遺品の買取に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理の買取にリサイクルショップをおすすめできない理由

遺品整理の買取にリサイクルショップをおすすめできない理由は以下のとおりです。

  • ①:遺品に精通した鑑定士が在籍していない可能性がある
  • ②:①を理由に正当な評価が受けられない可能性がある
  • ③:リサイクルショップは安く買って高く売るビジネスモデル

筆者の経験上、リサイクルショップの多くはデータベースをもとに買取価格を決定します。すなわち、鑑定というよりも独自の基準をもとに買取価格を決めているわけです。

さらにリサイクルショップは、安く買って高く売るビジネスモデル。希少価値の高い遺品を査定に出しても、市場価格を大幅に下回る価格を提示されるケースが多いです。

このような理由から、リサイクルショップは遺品整理の買取に適していません。

遺品を売るなら、遺品整理の買取を専門にしている業者がおすすめです。

遺品整理の買取におすすめの業者

遺品整理で処分したいものが沢山ある場合は「バイセル」がおすすめです。

バイセルのトップページ

バイセル

バイセルは高い知名度と信頼を持つ、全国的に有名な買取業者。遺品整理で出てきたさまざまな骨董品や家具などを、正当な価格で買取してくれます。

魅力はなんといっても高価買取が実現しやすい上に、手続きがかんたんで査定がスピーディーなこと。人形以外にも処分したい遺品が多い場合におすすめです。

買取可能な人形遺品全般(※種類によっては買取できないものもある)
買取方法
  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 店頭買取
査定料無料
キャンセル料無料
査定時間30分~数時間(※量によって異なる)

「バイセル」の公式サイトを見る

遺品整理の買取を利用する際の注意点

遺品整理の買取を利用する際の注意点は以下のとおりです。

  • ①:遺品の買取価格(相場)を事前にリサーチする
  • ②:違法業者でないかチェックする
  • ③:査定料やキャンセル料などの手数料がかかるかチェックする

いずれも必須項目になります。

買取相場を把握してから業者の信用度と手数料をチェックすれば、失敗することはまずないでしょう。

ここでは上記3つの注意点について解説します。

①:遺品の買取価格(相場)を事前にリサーチする

遺品整理の買取で業者を利用する場合は、依頼する前に遺品の買取価格の相場を把握しておきましょう。

遺品のおおよその買取相場をインプットすることで、提示される査定価格が適正かどうかを判断できます。

遺品の買取相場はインターネットでかんたんに調べられます。専門業者による買取を検討している方は、ぜひ相場をリサーチしてから依頼してみてください。

②:違法業者でないかチェックする

遺品整理の買取を依頼する場合は、専門業者の信用度をチェックすることが何より重要です。

特に違法業者でないかを確認するために、古物商許可の有無をチェックしましょう。

なお、古物商許可の有無をチェックする方法は以下のとおりです。

古物商許可番号の検索・確認する方法は複数存在します。詳細は以下の通りです。

  • 古物商プレート
  • 取引先に古物商許可の確認を依頼
  • 取引先のHPを確認する
  • 古物商許可番号の検索データベースを確認する

古物商許可番号は、実際に店舗で確認する方法からWEB上で検索する方法などさまざまです。

引用:【まとめ】だれでも古物商許可番号の検索する方法を紹介

怪しい買取業者はあふれているので、信頼と実績のある買取業者を比較・検討しましょう。

③:査定料やキャンセル料などの手数料がかかるかチェックする

遺品整理の買取を依頼する場合は、専門業者の手数料がどれほどかかるのか確認しましょう。

信頼と実績のある買取業者は、すべての手数料を無料に設定しているケースがほとんどです。つまり、査定料やキャンセル料は一切かからないので安心して利用できます。

しかし、すべての買取業者が手数料を無料にしているわけではありません。手数料がよくわからない場合は、事前に確認してから依頼しましょう。

まとめ

遺品整理の買取はリサイクルショップを利用しても大丈夫なのか解説しました。

重要なポイントをおさらいします。

  • リサイクルショップでは正当な評価を受けられない可能性がある
  • 遺品には希少価値の高いものが含まれている可能性がある
  • 遺品の買取は「バイセル」がおすすめ

遺品整理の買取でもっとも注目すべきは、遺品に対して正当な評価をしてくれるかどうかです。

遺品整理の買取に対応していない業者を選んでも意味がないので、信頼と実績のある専門業者を利用しましょう。

遺品整理の買取は「バイセル」がおすすめ|切手や絵画などの骨董品が数十万円以上になるかも
遺品整理の買取はバイセルがおすすめな理由についてまとめました。バイセルはさまざまなものを買い取ってくれる業者として知られていますが、遺品整理で活用することで遺品処分がスムーズになります。特に骨董品は高価買取を期待できるので、捨てるよりもメリットがあるといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました