フランス人形を供養する方法まとめ

フランス人形を供養する方法まとめ 人形を供養・処分する方法

フランス人形の供養を検討しているのですが、どうしたらいいかわかりません。方法をわかりやすく教えてください。

この記事はこんな疑問を抱えている方が対象。

筆者はこれまでに沢山のフランス人形の供養に携わってきました。

この記事を書いた人
松吉

人形供養がわりと身近な環境で生活をしている松本市民です。これまでに沢山の人形供養と処分・遺品整理に携わってきました。このブログではその経験を包み隠さずシェアしていこうと思います。

【当ブログ記事の信頼性】
①:筆者の人形供養と処分・遺品整理に携わった歴は10年(現在進行形)
②:骨董品収集と取引歴は15年以上
③:人形供養と処分・遺品整理に関する情報を日々リサーチしている

松吉をフォローする

その経験からいうと、フランス人形を供養する主な方法は以下のとおりです。

①:神社仏閣にお願いする
②:人形供養祭に参加する
③:自分で人形供養する

おすすめは①と②ですが、自分で供養しても問題ない場合は③も選択肢にくわえることができます。

この記事では、フランス人形を供養する方法についてまとめました。

西洋人形を手放す方法について悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フランス人形を供養する方法

フランス人形を供養する方法は、主に以下があげられます。

①:神社仏閣にお願いする
②:人形供養祭に参加する
③:自分で人形供養する

たしかな供養を希望するなら、答えは①と②になります。

とはいえ、それぞれメリット・デメリットがあるので、実行する前にじっくりと比較しましょう。

ここでは上記について詳しく解説します。

①:神社仏閣にお願いする

神社仏閣は、フランス人形の供養におすすめです。

Googleマップから「人形供養」で検索すれば、該当する神社仏閣がいくつか見つかると思います。それらをリストアップして、最適なところを選びましょう。

 神社仏閣でフランス人形を供養する場合のメリット・デメリット

メリット
  • プロが供養をおこなうので安心感を得られる
  • 近所の神社仏閣を利用できる
  • 直接相談をしたり交渉できる
デメリット
  • 供養料が高くなる場合がある
  • フランス人形を持参して現地に向かう必要がある
  • 多忙な人はスケジュール調整が難しい

②:人形供養祭に参加する

フランス人形の供養は、地域などで開催される「人形供養祭」に参加することでも実現できます。

人形供養祭は供養と処分が一度で済むので、さまざまな負担を軽減することが可能です。

 人形供養祭に参加する場合の特徴

メリット
  • 参加費は無料~数百円ほどのところが多い
  • 当日中にフランス人形の供養ができる
  • 多忙でスケジュール調整が難しい人におすすめ
デメリット
  • フランス人形の供養は一度に全員のものを行うスタイル
  • フランス人形の種類や数によっては参加できない場合も
  • 頻繁に開催されるわけではない(基本的に年に1回)

③:自分で人形供養する

フランス人形の供養は自分でも行うことができます。

ただし、正しい供養ができるとは限らないので不安が残る方法といえるでしょう。

 自分でフランス人形を供養する場合の特徴

メリット
  • 自分のペースでフランス人形の供養ができる
  • 無料で行える
  • 方法は特に決まっていないので自由
デメリット
  • 罪悪感を抱きやすい人にはおすすめできない
  • 正しい供養ができるとはかぎらない
  • 方法によっては事故に発展する可能性がある(火事など)

自分でフランス人形の供養をする方法は、気軽にできるうえに無料というメリットがあります。

しかし、実際はさまざまなリスクがあるのでおすすめはできません。

それでも自分で供養したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

人形供養を自分で行う方法まとめ。メリット・デメリットについてくわしく解説します。
人形供養を自分で行う方法についてまとめました。人形供養は自分で行うことも可能ですが、リスクが伴う行為になるので実行する場合は注意が必要です。安全を第一に検討するなら、神社などにお願いするか、買取での処分を検討するといいでしょう。

フランス人形は郵送でも供養できる

フランス人形は郵送でも供養することが可能です。

最近はAmazonなどに「供養ができる郵送パック」が販売されています。これらを使用すれば、自分のライフスタイルに影響をあたえることなく供養を済ませることが可能です。

 自宅から簡単に人形供養ができる「お焚き上げパック」

フランス人形の供養を自宅にいながら簡単に実現したい場合は、Amazonで購入できる「人形供養パック」がおすすめです。

利用手順はとても簡単。

  • ①:Amazonで「人形供養パック」を購入します。
  • ②:自宅に専用キットが到着するので、供養する人形を詰めます。
  • ③:梱包が済んだら宅配便に引き渡します。
  • ④:人形は神社で丁寧にお焚き上げ供養されます。
  • ⑤:人形供養が完了すると自宅に「供養証明書」が届きます。

このように「人形供養パック」は、まるで宅配買取のような手軽さ。もちろん信頼と実績は伴っているので、安心して利用できます。

人形供養をストレスなく確かに実施したい場合は、ぜひ検討してみてください。

「人形供養パック」の詳細をチェックする

フランス人形の供養に関するQ&A

フランス人形の供養に関するQ&Aについてまとめました。

疑問の解決や情報収集にお役立てください。

Q1:ガラスケース入りのフランス人形処分でおすすめはありますか?

A:ガラスケース入りフランス人形のなかには、高価なものも含まれます。

そういった人形をお焚き上げ供養してしまうと、もう二度と戻っては来ません。したがって、供養の必要性がないのであれば、買取業者に無料査定を依頼することをおすすめします。

詳しくは以下の記事で解説しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ガラスケース入りフランス人形の買取でおすすめの方法まとめ
ガラスケース入りフランス人形の買取についてまとめました。おすすめの方法は「買取業者」と「リサイクルショップ」の2つがありますが、正確な査定と満足度をもとめるなら買取業者への依頼が最適です。

Q2:ビスクドールは買取と処分どちらにすべきでしょうか?

A:ビスクドールも高価なものが沢山あります。

素人ではその価値を把握しにくいので、まずは専門の買取業者に無料査定を依頼しましょう。

そこで価値がないと判明したら処分すればいいと思います。

ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべき?
ビスクドールの処分は人形供養と買取どちらにすべきかまとめています。判断の基準は処分にすこしでも抵抗があるなら「人形供養」を。処分に抵抗がなく、スムーズな処分と現金化をもとめるなら「買取」がおすすめです。

まとめ

フランス人形を供養する方法について解説しました。

  • ①:神社仏閣にお願いする
  • ②:人形供養祭に参加する
  • ③:自分で人形供養する

上記から自分に合っていると思う方法を選びましょう。

ただし、フランス人形の中には高価なものもあります。
その場合は、いちど専門業者から鑑定してもらいましょう。

処分を決めるのはそれからでも遅くありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました